ずしろぐ

逗子・鎌倉の日々のことをつづります。

平塚市の総合公園。子どもの「水遊び」スポットが大人気!

こんにちは、まほろばんです。

先週の日曜日は、3人の息子たちを連れて、お出かけ。

神奈川県平塚市にある総合公園に行ってきました。

この公園の特徴は、無料で「水遊び」ができること!

まだプールに行くことができない小さな
お子さんがいるご家族にオススメです。
どんな公園か、ご紹介していきましょう。

 

f:id:mahoroban:20180529160417j:plain

平塚総合公園へのアクセス

平塚市の総合公園は、JR「平塚駅」から北へ車で5分ほどの場所にあります。
この公園は、市制施行50周年を記念して、平成3年に完成した公園。

広さは約30ヘクタールと東京ドーム6個分ほどの敷地に、10万本の木々が植えられていて、四季折々の風景を楽しめます。

また、野球場やサッカー場もあり、様々なスポーツが楽しめるようになっています。

プロ野球「イースタンリーグ」やプロサッカー「Jリーグ」、プロバスケットボール「Bリーグ」も開催されていて、スポーツをするだけではなく、ハイレベルなプロスポーツを観戦する施設としても人気があります。 

水遊びスペースが充実

この公園のオススメは、何と言っても水遊びができる「流れの広場」。

f:id:mahoroban:20180529162029j:plain

「流れの広場」は、全長約110メートルある人気のスポット。
暑い時期にはたくさんの子どもで賑わっています。

基本的にずっと浅いので、小さな子どもでも楽しめます。

 

特にまだオムツのお子さんは、プールに行けないことが多いと思います。
兄弟だと、お母さん一人で連れて行くことが難しいですよね。

そんな時に、この公園がオススメ!

大雨が降った場合などは、清掃や点検などのために利用できないことがあるそうです。事前に電話で確認しておくと安心ですね。

(平塚市総合公園課 TEL:0463-35-2233)

水場の両脇が木陰になっているので、子どもたちが遊んでいる間、お父さんお母さんは、木陰で涼しむことができます。

訪れた日は、小型テントを持ってきている家族が多かったですね。
夏の公園には必需品かと思います。

大型遊具がある「わんぱく広場」

f:id:mahoroban:20180529162955j:plain


水遊びのほかにも、いろんな遊具が充実しています。
「わんぱく広場」は、大きな遊具があり、小学生でも十分に楽しめます。

このすぐ近くには、動物とのふれあいコーナーもあります。
うさぎやひよこなどの動物に触ったり、ポニーの乗馬なども体験できるんです!

隠れたオススメのスポット

f:id:mahoroban:20180529163426j:plain

動物ふれあいコーナーのすぐ近くにある、乗り物スポットが実はオススメ。
1回50円で、いろんな乗り物に乗って遊ぶことができます。

電車や消防車、野菜販売車まであって、小さい子供たちが喜んで乗っていました!

駐車場には注意が必要

この公園の、最も注意すべき点が「駐車場」。無料の駐車スペースが1000台分あるんですが、公園の規模に対して、駐車できる数が少ないんです。

訪れた日曜日は、朝10時ごろだったので、まだ駐車することができました。
プロ野球やサッカーの試合があるときは、まず駐車は難しいでしょう。

公園のホームページから駐車混雑予想を見ることができるようなので、チェックしてから行くことをオススメします!

【総合公園】駐車場・混雑予想カレンダー | 平塚市

まとめ

これから夏に向けて、断然オススメの公園です!
訪れたら、1日中遊べるほどの大きな公園でした。

特に、我が家では今年2歳になる三男がまだオムツ。
なのでプールに入ることができません。

でも長男と次男は、プールに行きたがる。
だから「父→長男・次男とプール/母→三男と公園」と別行動になってしまいます。

この公園だと、家族みんなで行けるのでいいですね。

f:id:mahoroban:20180529164532j:plain