ずしろぐ

逗子・鎌倉の日々のことをつづります。

「テラスモール湘南」フードコート情報&混雑状況まとめ

こんにちは、まほろばんです。


この記事では、テラスモール湘南をご紹介します。
今年リニューアルされたので、新しいお店も結構入っています。

特にオススメは、フードコート!
ランチ情報や混雑状況などをお伝えします。

お出かけの参考になれば幸いです。
それではご紹介していきましょう。

テラスモール湘南へのアクセス

テラスモール湘南は、神奈川県藤沢市にあります。
電車を利用する場合は、 JR 辻堂駅の北口から直結しています。

横浜からは約25分。駅直結なので梅雨の時期でも便利です。
駐車場も収容台数は2500台と、とても広いので我が家はだいたい車で行きます。

最初の1時間は無料で、以降30分毎に150円かかります。
ただし、買い物をすると駐車料金の割引があるので、大体いつも無料になります。

今年リニューアルしたばかり

この施設は、住友グループが2011年に開発した大型商業施設ですが、今年の4月にリニューアルオープンしたばかりです。 100店舗以上のお店がリニューアルしました。

今回のリニューアルでは開業時からのコンセプト、「湘南ライフの充実」をさらに進化させるため、飲食店の増設、ライフスタイルゾーンの新設、都市型ファッション・雑貨店舗の新規導入などを行っているそうです。

以前も訪れたことがあるのですが、アウトドアのブランドなど、これまであった店舗も大きくなるなど、より充実したショッピングができるようになっていました。

グルメを楽しめる施設がさらに充実

家族でお出かけする際に、重要になってくるランチタイム。
3階にあるフードコート「潮風キッチン」の座席数は、100席増やされていました。

いろんなお店があって、迷ってしまいます。
中でも、ローストビーフで有名な「鎌倉山」が新規店の目玉という感じでした。
ローストビーフ丼(900円)が食べたかったのですが・・・ 

子どもたちが「ラーメンを食べたい」ということで、中華料理「梅蘭」に決まり。
こちらも有名なお店ですね。

横浜中華街名物のオリジナル料理『梅蘭焼きそば』や『担々麺』。
とても美味しかったです!

このほか、4階にもレストランゾーンがあって、パスタ専門店「パスタ&ワイン 壁の穴」やハワイアン・カフェ&ダイニングの「ALOHA TABLE」など8店舗が新規出店。

特に平日は、ストレスなく昼食が食べられるので、小さなお子さん連れでも安心です。チャイルドシートも、かなり充実していました。

湘南の食文化が楽しめる「マルシェ」

多様な専門店が集まる食の一大ゾーン「湘南マルシェ」(1階)も充実。
湘南エリアの銘店のスイーツが一同に会する「湘南スイーツセレクション」が加わっています。「クルミッ子」が人気の「鎌倉紅谷」など老舗菓子店も加わり充実のラインナップ。 

子ども向けの書籍が充実した本屋さん

個人的に嬉しかったのが、有隣堂書店が以前と変わらず、子ども向けの書籍が充実していたこと。ここは、幼児から小学生まで、人気の本がほとんど揃っています。

ちょっとした知育おもちゃも置いてあるので、お母さんが買い物している間、子どもたちと時間を潰すのにもぴったりです。

気になる混雑状況は?

今回、訪れたのは、月曜日の午前中から午後にかけてでした。駐車場も余裕で駐車でき、買い物もストレスなくできました。 小さなお子さんがいても全く問題ないでしょう。

ただし、週末はかなりの混雑が予想されます。各お店自体は広々としているので、それほど問題はないと思いますが、ランチタイムのフードコートを避けるなど、時間には余裕を持って訪れる方がいいですね!

まとめ

湘南エリアのショッピングモールの充実ぶりは他を圧倒しています。

こうした施設がいくつもあって、どこも魅力的なのが驚きです。

特に「テラスモール湘南」がある藤沢市は、主婦向け雑誌の『幸せに暮らせる街』で

全国1位となったこともあり、子育てや家族での生活に便利な街。

今後もお出かけ情報を、お伝えしていこうと思います。

 

海もすぐ近くにあるので、夏のお出かけにオススメですよ!