ずしろぐ

逗子・鎌倉の日々のことをつづります。

湘南・柳島キャンプ場がアウトドア初心者にオススメ!

こんにちは、まほろばんです。


この記事では、湘南の柳島(やなぎしま)キャンプ場をご紹介します。
ここは、茅ヶ崎市が運営するキャンプ場。

都心からも1時間ほどの好アクセスで、海のすぐそばにあります。
しかも、設備も十分整っています。

予約が取りにくい人気のキャンプ場ですが、アウトドア初心者にもオススメ!
安心してキャンプをすることができるので、夏のお出かけの参考になれば幸いです。

それでは、キャンプ場について、ご紹介していきましょう!

f:id:mahoroban:20180528093602j:plain 

柳島キャンプ場は、こんなところ!

①アクセス抜群の好立地

小さいお子さんを連れた家族にとって、車で何時間も移動するのは大変です。
「柳島キャンプ場」の売りは、何と言ってもアクセスの良さです。

東名高速道路・厚木ICを利用するか、または首都高速道路〜横浜新道〜新湘南バイパスを使えば、都心からでも1時間ほどで着きます。

土・日・祝日は、渋滞するケースが多いので注意も必要ですが、それでも、1泊キャンプには丁度いい距離です。 

②時間&料金

当日のチェックインは11時からで、翌日のチェックアウトは10時。
荷物を下ろしたりテントを張ったりすると意外に時間が経ってしまいます。

午前中に到着して、準備できるのが嬉しいですね。

  

料金の目安はこちら

■ 宿泊料金

(1泊/炊事場(かまど)・バーベキューコーナー&1テーブルの使用料含む)

これから夏のシーズンは、1つのテントサイトに宿泊して、3500円。
茅ヶ崎市民は、3000円になります。

この料金で、バーベキューコーナーの使用料金も含まれるほか、バーベキューコンロなどもレンタルできます。

そのほか、宿泊棟もあります!
キャンプ初心者は、そうした施設を利用してみるのもいいですね。 

ファミリーにおすすめの理由4つ

①レンタルグッズが充実

「柳島キャンプ場」は、茅ヶ崎市が運営するキャンプ場ですが、レジャー施設やリゾート会社が運営するキャンプ場などにも匹敵するほど、アウトドアのレンタルグッズが充実しています。

テント、タープ、寝袋などの基本用品はもちろん、調理小物や食器セット、さらにはダッチオーブンまで揃っています。

また、場内では薪や炭も販売されており(500~600円)、流し場に洗剤とスポンジが常備されています。なんと自由に使ってもいい冷蔵庫まで完備されていました!

最低限の食材と飲み物だけ持っていけば、手軽にキャンプができてしまうというわけ。子連れキャンプの練習やデビューにピッタリでしょう! 

②炊事場もトイレも近くて安心

キャンプに子どもを連れていくと、ちょっと目を離したすきに「あれ?どこに行った?」とヒヤッとすることがあります。

でも、このキャンプ場は、手の届く範囲にテントサイトや炊事場、トイレや無料シャワー室、子ども向け遊具があります。

機能的なキャンプ場なので、迷子になる心配がありません。危険な場所がほとんどないので、子どもたち同士で遊ばせておくことができるんです。

③ほとんどが木陰で涼しい

また、テントサイトは、ほとんどが木陰のため、日差しが厳しくありません。

この週末は、風が吹いて気持ちいいくらいでした。テントサイトでのんびりする分には、真夏の日中でも、タープを使う必要がないほどだそうです。

また、たとえ海岸が強風でも、キャンプ場内は穏やかであるケースが多いようで、落ち着いた環境の中でキャンプができます。

これから熱中症が心配になるシーズンになります。場内には自動販売機もあるので水分補給を忘れなければ、子どもたちも一生懸命遊ぶことができそうです! 

④海まで徒歩30秒!

湘南と言えば外せないのは、もちろん海。

「柳島キャンプ場」のすぐ裏手は、波の穏やかな入り江になっていて、自然が作り出した「天然のプール」。

子どもが遊び疲れてグズっても、すぐにキャンプ場に戻れるのも、親にとっては大助かりです。

まだ5月ですが、日中はもう暖かいので、子どもたちは水着で泳いでいました!
小さなお子さんの「海デビュー」にもぴったりの場所です。

ちなみに我が家が使っているテントは、「モノポールテント」。
三角屋根が特徴で、1つのポールで立てます。

設置が簡単で、大人1人でも立てることができます。中はそれほど広くありませんが、現在大人2人、子ども3人で使ってます。

子どもがまだ小さいので(7歳、5歳、2歳)なんとか間に合っています。
「ノースイーグル」というブランドで、コスパもよく、もう5年近くは使っていますが、いまだに故障はありません。

そのうち、キャンプグッズについてもまとめてみたいと思います!

注意!いくつかの禁止事項。

①ペット入場禁止

自然がたくさんあって、ペットと一緒に楽しみたい方も多いと思いますが、残念ながら、管理上の問題で、ペットの入場は禁止されています。

②指定された場所以外は火の使用禁止

火の使用が許可されているのは、野外の炊事場だけ。キャンプ場は海岸保全区域の砂防林の中にあるためです。

使用できる時間も、朝5時から夜10時まで。焚き火などは、決められた場所で楽しみましょう。

③打ち上げ花火禁止

同じく、打ち上げ花火も禁止です。
手持ち花火は、指定された場所で楽しむことができます。

我が家が滞在中は、いくつかの家族が協力して、大きなキャンプファイヤーを楽しんでいました。これもファミリー層の多い、キャンプ場ならではのお楽しみですね。

まとめ

週末は予約がいっぱいで、なかなか行けなかった「柳島キャンプ場」。
訪れてみると、人気の理由がわかりました。

設備が整っていて、子連れキャンパーにとって好条件のキャンプ場です。
また、日帰りでバーベキューだけを楽しむこともできます。

「子どもとキャンプをしてみたかった」という方は、ぜひ遊びに行ってみてください。早めの予約が必要になりますが、急遽キャンセルをする家族もいるはず。

公式ホームページから予約状況が確認できますよ!

キャンプ場情報

茅ヶ崎市・柳島キャンプ場
〒253-0063 茅ヶ崎市柳島海岸1592番1地先
電話:0467-87-1385 

 

夏休みのお出かけの参考になれば幸いです!